祖師ヶ谷大蔵 つかもと整形外科医院 | リウマチ科

リウマチ科  «  診療案内  «  HOME

インターネット予約はこちら

インターネット上から診療の予約を行えます。携帯電話からQRコードを読み込んでください。
パソコンの方はQRコードをクリックしてください。
酸素カプセルもネット予約可能です。
QRコード

診療案内

  • こつこつみんなのスポーツリハビリ
  • 接骨院コツコツ 鍼灸院こつこつ
  • 人工関節ドットコム
  • サイトマップ

外来診療カレンダー

※カレンダーの色が休診日
休診日:日曜・祝日
・水曜は手術日・往診日
・第1水曜午前:骨密度外来
診療時間はこちらをご覧ください。

10月
25262728293001
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30310102030405
11月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930010203
リウマチ科

リウマチとは、身体のあちこちの関節が痛んだり、腫れたりする病気です。
進行すると、関節が変形して使いにくくなります。
原因は不明ですが、免疫(細菌などから身体をまもるシステム)の異常、遺伝子の異常、ウイルスや細菌感染などが組み合わさって起こるのではないかと考えられています。

関節リウマチは身近な難病である。全身の関節に炎症をきたし、進行性の関節破壊により日常生活ができなくなり、内臓病変を合併すれば生命予後の悪化につながります。しかし、関節リウマチの治療については、近年生物学的製剤の登場にて、短期的QOL改善(つまり疼痛の軽減)から長期的QOL改善(骨関節破壊の防止)へと劇的な変化をみせています。治らない病気から治る病気へと。これには、Windows of Opportunityという概念のもと、早期診断し早期に治療をしていけば長期的QOL改善(骨関節破壊の防止)の方向にもっていけるということです。

リウマチには、主に以下のような症状が見られます

  • 肩、鎖骨、肘、手首、手、股関節、膝、足首、足の痛みや腫れ。
  • 朝、目覚めた時に関節が動かしにくい、ぎこちない、手が握りにくい。
  • 微熱やのどの痛みが数週間続く

早期リウマチ性疾患は、これらの症状が軽く、診断することが難しい場合があります。
当院では、肉眼ではわからない関節の軽微な腫れにも注意を払い、リウマチの早期診断に努めております。

リウマチの早期診断・早期治療の重要性

リウマチ性疾患は、早期に発見することにより、内服薬、または点滴や注射を使用する治療で、リウマチの症状はほぼ抑えられ、関節の変形を防ぐことが可能な時代になっています。
関節の痛みや腫れは、年齢とともに起こる変形性関節症や変形性脊椎症に多く見られますが、リウマチが隠れていることもあります。

リウマチは、早期診断・早期治療が重要です。少しでも気になる症状がございましたら、なるべく早くご相談下さい。

医院概要・MAP

つかもと整形外科醫院

〒157-0071
東京都世田谷区千歳台2丁目14-7
千歳クリニックモール2F

サミットと共有駐車場あり

小田急線 『 祖師谷大蔵駅 』 北口徒歩12分
祖師谷通り沿い、『 祖師谷五丁目南  』バス停前

アクセス

当院はバリアフリーにて段差がなく、
車椅子でもご来院いただけます。
診療時間
 
8:30~12:30営業中営業中 営業中営業中営業中
14:30~18:30 営業中 営業中 営業中 営業中
18:30~19:30営業中 営業中
休診日:日曜・祝
手術日・往診日:水曜
※最終受付は診療時間終了の30分前までです。

◎ 木曜日(15時~19時半)・月1回土曜日に、聖路加国際病院 整形外科医長が診察します。
  医師:田﨑 篤 先生

◎ 第2・第4木曜日午前に、手外科専門医が診療します。
  医師:内藤 聖人 先生(順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科)

◎ 金曜日午前 内科診療
  医師:内藤 咲貴子 先生

◎ 金曜午後に、脊椎専門医が診察します。
  医師:名越 慈人先生(慶応義塾大学病院 脊椎外科)

◎ 月1回土曜日に高山整形外科病院の医師が診療します。
  医師:佐和田 桂一先生

◎ 月1回土曜日に脊椎専門医が診察します。
  医師:瀬川 知秀先生(稲波脊椎・関節病院)

◎月1回土曜日に膝専門医が診察します。
  医師:岡崎 賢先生(東京女子医科大学 整形外科 教授)

※ 専門医の診察日程は「お知らせ」でご確認ください。

このページの先頭へ戻る