東京世田谷区 変形性膝関節症などの再生医療|つかもと整形外科

再生医療ページ  «  診療案内  «  HOME

インターネット予約はこちら

インターネット上から診療の予約を行えます。携帯電話からQRコードを読み込んでください。
パソコンの方はQRコードをクリックしてください。
酸素カプセルもネット予約可能です。
QRコード

診療案内

  • 関節外科
  • リウマチ科
  • 骨粗しょう症
  • 一般整形外科
  • 小児整形外科
  • スポーツ整形
  • リハビリテーション科
  • 再生医療
  • その他
  • こつこつみんなのスポーツリハビリ
  • 接骨院コツコツ 鍼灸院こつこつ
  • 人工関節ドットコム
  • サイトマップ

外来診療カレンダー

※カレンダーの色が休診日
休診日:日曜・祝日
・水曜は手術日・往診日
・第1水曜午前:骨密度外来
診療時間はこちらをご覧ください。

11月
28293031010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293001
12月
25262728293001
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30310102030405
再生医療 ※変形性関節症等の再生医療のご案内

再生医療について

再生医療とは、自らの細胞・組織を活用することで組織や臓器を回復する医療のことです。 当院では、血液中の血小板などに含まれる成長因子を活用することで、損傷個所の修復を促すPRP注射などを行っています。

自身の血液に含まれる修復機能を活用するため、免疫的な反応の起きる可能性が極めて低いと言える点も特徴です。

特に変形性ひざ関節症については、保険診療の範囲内で行えるのは、内服薬や注射、あるいは患部にメスを入れるかだけに限られてきます。

この再生医療の分野が新しい選択肢として加われば、変形性ひざ関節症の痛みの改善および、より進行を遅らせることも可能になります。

これまでの治療ではなかなか改善が見られなかったという方にも、充分効果が期待できる新しい分野です。

再生医療のメリットやデメリット、費用について、しっかりご案内させて頂きますので、どうぞお気軽にお問合せください。

治療の流れ

当院では、患者様一人ひとりに合わせた診察をご提案しています。
基本的には、まず保険診療のヒアルロン酸注射での診療を考えます。
そのうえで、必要だと判断できましたら自費診療のPRP-FD注射のご提案を致します。
これらの診療について十分考慮したうえで、必要でしたら手術についても検討致します。

ヒアルロン酸注射 ※保険診療

ヒアルロン酸を関節に注射する方法で、特に多いのが肩関節と膝関節です。 元来関節内に含まれているヒアルロン酸は、関節の動作を滑らかにする働きや、クッションとなっている軟骨を保護する作用もあるとされています。

そのヒアルロン酸をひざ関節へ注入することで、関節の動作を滑らかにしたり、痛みの緩和といった効果が期待できます。 また、変形性膝関節症の場合はヒアルロン酸が減少しているため、ヒアルロン酸を膝関節に注入してひざの痛み・炎症を抑え、病気の進行を遅らせる効果もあります。

短時間で終えられる注射での治療ですので、ご多忙の方も是非ご相談ください。

ヒアルロン酸注射を特にオススメの方

  • 半月板損傷の方
  • 変形性ひざ関節症の方
  • 初めてひざの治療を受ける方
  • スポーツ障害を予防したい方

治療費

詳しくはお問合せください。

PRP-FD注射

PRP-FD注射とは、患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を抽出し、注射する治療法です。

PRP-FDは自然治癒を促す血小板を濃縮したPRPのさらに高濃度なもので、非常に豊かな成長因子を含んでいます。この因子が細胞に働きかけることで、損傷個所の修復が促され、痛みの軽減や早期の治癒効果が期待できます。

「ずっと付き合っていくしかない」と思われていた肩やひざの慢性的な痛みに対する効力も確認されているうえに、もともと自分の血中にあった成分を体内に戻すという方法の為、副作用のリスクがあまり無い点でも注目されています。

効果・効能

ひざの変形でお悩みの方に、PRP-FD注射が効果的だと考えられます。変形に伴って、半月板が損傷したり軟骨がすり減ったり、あるいはひざに水がたまったりします。こうした場合、PRPが修復を促し、痛みを抑制する効力を発揮します。また、スポーツによる外傷や障害にも効力を発揮します。

早期の完治を目指しているにもかかわらず、これまでにかけてきた負担・負荷のために直りにくくなってしまっているケースは多々あります。 そこで、ご自身の血液に含まれている血小板を注射することで、元来備わっていたはずの治癒能力を活性化させ、けがが治りやすい状態を生み出してあげる効果が期待できます。

PRP療法の対象になる疾患

  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • 上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)
  • アキレス腱炎
  • 膝関節疾患
  • 靭帯損傷(肘、膝、足など)
  • 肉離れ(筋断裂)
  • 腱鞘炎、腱板炎
  • ジャンパー膝
  • 変形性関節症(変形性膝関節症、股関節症、足関節症など)
  • 火傷
  • 骨折
  • シワ取り、たるみの改善
  • ニキビ跡
  • 皮膚外傷、皮膚壊死

採血

9ccほどの採血を行えば、1ccのPRP(血小板)を抽出できます。
基本的には血液検査と変わりありませんので、ご安心ください。

PRP注射に含まれる成分と効能

TGF-β

細胞・組織を修復および、コラーゲンを生成する力

PDGFa-b

組織修復を促すための細胞分裂とコラーゲン生成

bFGF/EGF

軟骨細胞や骨芽細胞を増やしたり、骨・血管の再構築の促進力

CTGF

軟骨の修復や線維化と、血小板の付着が優位な状態を生み出す力

適応年齢

詳しくはお問合せください。

治療費

詳しくはお問合せください。

APS療法

APSは血液からPRPの中でもより脱水と濃縮をして、更なる効果を期待できる次世代型PRPと言えます。

APSとは自己タンパク質溶液(Autologous Protein Solution)のことで、文字通り、自分自身の血液からタンパク質と成長因子を高濃度抽出したもののことです。

APS治療は主に変形性膝関節症を対象とする治療法で、APSを損傷している部位に注射することで、炎症・痛み・関節機能の回復や改善や、慢性化した関節の痛みの回復に効果を発揮します。

改善効果や安全性

一般的に1週間~4週間ほどで組織の修復が起こり始め、治療後2週間~3ヶ月までには効果が期待できるとされています。また、海外の治療報告ではAPSを1回注射すると、約24ヶ月の間、改善効果が続くと報告されています。

自分自身の血液を使用することもあって免疫反応の起きる可能性は極めて低いと考えられていますが、自分自身の血液であるが為に、その時の年齢や体調等の条件によって治療効果が変わってくる面もあります。

また、この治療はひざを切開をする必要がありません。 入院も不要で、来院当日の治療が可能です。

APSは再生医療等の安全性確保等に関する法律に基づく届出済の施設だけが行えます。 PRPが筋・靭帯や腱などの組織修復が期待されるのに対し、APSは特に関節症治療への応⽤が期待されています。

APS療法の対象になる疾患

  • 足底腱膜炎
  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • 上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)
  • アキレス腱障害(アキレス腱炎・腱周囲炎)
  • 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  • ベーカーのう腫(膝窩嚢腫)
  • ガングリオン
  • 肉離れ(筋断裂)
  • 靭帯損傷
  • 変形性関節症、半月板損傷
  • 肩関節周囲炎、腱板損傷
  • TFCC損傷
  • 難治性骨折

このような症状の方へ

下記のような症状でお悩みでしたら、ご相談ください。

  • 慢性的な症状を完治させたい方
  • 定期的にステロイド治療を受けている方
  • 薬剤アレルギーが懸念される為、治療を受けられない方
  • スポーツをしているため、早めの治療をご希望の方

治療費

詳しくはお問合せください。

医院概要・MAP

つかもと整形外科醫院

〒157-0071
東京都世田谷区千歳台2丁目14-7
千歳クリニックモール2F

サミットと共有駐車場あり

小田急線 『 祖師谷大蔵駅 』 北口徒歩12分
祖師谷通り沿い、『 祖師谷五丁目南  』バス停前

アクセス

当院はバリアフリーにて段差がなく、
車椅子でもご来院いただけます。
診療時間
 
8:30~12:30営業中営業中 営業中営業中営業中
14:30~18:30 営業中 営業中 営業中 営業中
18:30~19:30営業中 営業中
休診日:日曜・祝
手術日・往診日:水曜
※最終受付は診療時間終了の30分前までです。
このページの先頭へ戻る