祖師ヶ谷大蔵 つかもと整形外科医院 | 関節外科 変形性股関節症 変形性膝関節症 人工関節

関節外科  «  診療案内  «  HOME

インターネット予約はこちら

インターネット上から診療の予約を行えます。携帯電話からQRコードを読み込んでください。
パソコンの方はQRコードをクリックしてください。
酸素カプセルもネット予約可能です。
QRコード

診療案内

  • こつこつみんなのスポーツリハビリ
  • 接骨院コツコツ 鍼灸院こつこつ
  • 人工関節ドットコム
  • サイトマップ

外来診療カレンダー

※カレンダーの色が休診日
休診日:日曜・祝日
・水曜は手術日・往診日
・第1水曜午前:骨密度外来
診療時間はこちらをご覧ください。

10月
25262728293001
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30310102030405
11月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930010203

股、膝関節専門として高いレベルの診療を提供します

現在まで、1万人をこえる股関節、膝関節の患者様を診察してきました。そして、約2000例に及ぶ人工股関節、膝関節置換術の手術に携わり、その中で約500例を自ら執刀してきた実績もございます。
股関節、膝関節(人工関節置換術)に関して、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの国々で約50回の講演、発表をし、日本国内でも約50回の講演をして参りました。
これらの経験を踏まえ、皆様への治療に今後役立てることができればと考えています。

変形性股関節症について

足の付け根が定位置に収まっておらず、滑らかな股関節の動きではないために、歩く・走る・階段の昇り降りの時に股関節に痛みが生じます。
股関節をスムーズに回転させるために骨盤の歪みを矯正することが最も効果的な治療になります。

変形性膝関節症について

変形性膝関節症は、膝の関節軟骨が加齢のため変形して壊れ、炎症を起こし、痛みを伴う病気で、毎年90万もの人が発症しているといわれます。
加齢とともに増加し、男性よりも女性に多く見られます。
治療法としては発症や進行を出来るだけ遅らせ、日常生活に支障をきたす痛みや腫れなどを緩和することです。

人工関節置換術について

人工関節置換術とは股関節や膝関節などの関節を取り除いて、人工の関節に入れ換えてしまう手術です。
慢性関節リウマチや変形性関節症を発症した股関節や膝関節によく用いられますが、肩関節、肘関節、足関節にも用いられることもあります。
方法としては部分的に入れ換える方法と、全部を人工関節に置き換える方法とがあります。
部分的に人工関節を入れ換える手術としては、股関節における大腿骨頚部骨折に対し、大腿骨骨頭だけを人工のものにする手術(人工骨頭置換術)や、膝関節では、悪い部分だけを人工関節のものにする手術があります。
早くから痛みが非常によくとれ、関節の動きが改善し、歩きやすくなるなど、日常生活での機能を著しく回復させ、早期社会復帰を目指す手術です。

股関節症について

人工股関節

人工股関節とは

人工股関節は、一般的に、金属製の大腿骨側のステムと骨頭そして骨盤側のカップと、骨頭とカップの間に入るプラスチック製(超高分子ポリエチレン)のライナー(インサート)が組み合わさって構成されます。人工関節には様々な種類がありますが、患者さんの骨の状態や生活習慣などを考慮して機種や大きさなどを選択します。

皮膚切開

股関節の筋肉の分け目を切開する方法がいくつかあり、太ももの側方、後方、前方などの皮膚切開をおこないます。

骨の切除

大腿骨の骨頭を切り、髄腔(ずいくう)をととのえます。
骨盤側の受け口(寛骨臼(かんこつきゅう))の表面を削ります。

人工股関節の設置

カップを骨盤にはめ込みます。ネジや骨セメントを使って固定します。
ステムを大腿骨に設置します。骨セメントを使用する場合があります。
そして、骨頭、インサートを組み合わせます。

人工膝関節

人工膝関節とは

人工膝関節は、一般的に、金属製の大腿骨側のコンポーネントと脛骨側のコンポーネント、そして、その間に入るプラスチック製(超高分子ポリエチレン)のインサートで構成されます。
必要に応じて膝蓋骨(ひざの皿)のコンポーネントも置換します。

膝のいたんでいる部位や程度によって、膝関節の内側または外側のどちらか一方だけを置換するための人工膝関節(片側置換)もあります。

皮膚切開

いろいろな皮膚切開方法がありますが、基本的には膝の前面の皮膚を10~15cm前後切ります。

骨の切除

大腿骨(太ももの骨)を人工関節(大腿骨コンポーネント)の形状にあわせて切り、表面をととのえます。
脛骨(すねの骨)を人工関節(脛骨コンポーネント)の形状にあわせて切ります。
必要に応じて、膝蓋骨(ひざのお皿)をととのえます。

後十字靭帯を切らずにそのまま残しておく方法と、切除する方法があります。

 

人工膝関節の設置

大腿骨に人工関節(大腿骨コンポーネント)を設置します。
このとき、骨セメントを使用して固定する場合があります。
脛骨に人工関節を設置します。このとき、骨セメントやネジを使用して固定する場合があります。
膝蓋骨を設置する場合は、主に骨セメントで固定します。

医院概要・MAP

つかもと整形外科醫院

〒157-0071
東京都世田谷区千歳台2丁目14-7
千歳クリニックモール2F

サミットと共有駐車場あり

小田急線 『 祖師谷大蔵駅 』 北口徒歩12分
祖師谷通り沿い、『 祖師谷五丁目南  』バス停前

アクセス

当院はバリアフリーにて段差がなく、
車椅子でもご来院いただけます。
診療時間
 
8:30~12:30営業中営業中 営業中営業中営業中
14:30~18:30 営業中 営業中 営業中 営業中
18:30~19:30営業中 営業中
休診日:日曜・祝
手術日・往診日:水曜
※最終受付は診療時間終了の30分前までです。

◎ 木曜日(15時~19時半)・月1回土曜日に、聖路加国際病院 整形外科医長が診察します。
  医師:田﨑 篤 先生

◎ 第2・第4木曜日午前に、手外科専門医が診療します。
  医師:内藤 聖人 先生(順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科)

◎ 金曜日午前 内科診療
  医師:内藤 咲貴子 先生

◎ 金曜午後に、脊椎専門医が診察します。
  医師:名越 慈人先生(慶応義塾大学病院 脊椎外科)

◎ 月1回土曜日に高山整形外科病院の医師が診療します。
  医師:佐和田 桂一先生

◎ 月1回土曜日に脊椎専門医が診察します。
  医師:瀬川 知秀先生(稲波脊椎・関節病院)

◎月1回土曜日に膝専門医が診察します。
  医師:岡崎 賢先生(東京女子医科大学 整形外科 教授)

※ 専門医の診察日程は「お知らせ」でご確認ください。

このページの先頭へ戻る